まずはマングローブカヤック

冒険心と探検心を満たしたいのならマングローブカヤック

沖縄と言えばダイビングなど海で楽しむマリンスポーツが人気ですが、沖縄ならではのアウトドアレジャーとして最近注目を集めているのがマングローブカヤックです。
マングローブとは河口など海水と淡水が混じり合った汽水域に生息する森林の事で、日本では主に沖縄本島と石垣島、西表島などで見られます。マングローブカヤックとはマングローブ林の中を、カヤックで遡って探検しようというアクティビティーです。
広大なマングローブ林は亜熱帯のジャングルというイメージが正にピッタリのエリアで、その中をカヤックで進むというのは大人や子供に限らず誰の探険心と冒険心を満たしてくれます。
エンジンを持たないカヤックはとても静かなので、耳を澄ますと聞こえてくるのは鳥のさえずりや風が樹木の葉を揺らす音だけです。カヤックならマングローブに生息する鳥や魚、獣なども警戒心をゆるめるので、多くの生き物を間近に観察する事が出来ます。

一年を通して楽しめるアクティビティー

一年中強い日差しの沖縄ではアウトドアレジャーをするとどうしても日焼けをしてしまうものです。そうした強い日差しや日焼けを嫌う女性の方や子供、年配の方におススメしたいのがマングローブカヤックです。
密生したマングローブが適度に日差しを防いでくれるので、紫外線の強い真夏でも安心して楽しめます。淡水域が多いので海のレジャーと違って塩水でベトベトにもなりません。また、海水浴と違ってオールシーズン楽しめるのもマングローブカヤックの魅力です。
安定感のあるカヤックは小さな子供や高齢者の方など初めての方でもすぐに乗れるようになります。業者も多く低料金のツアーも充実しているので、ちょっとの空き時間を利用して沖縄のアウトドアレジャーを楽しみたい方にも向いています。