居酒屋で島唄三線ライブを楽しむ

美味しい泡盛を飲みながら三線ライブを!

沖縄グルメを楽しみながら地元文化に触れられる場所として、民謡居酒屋があります。沖縄で作られている泡盛を飲みながら、沖縄の音楽を楽しみ、素敵な夜を過ごすことができます。居酒屋なので、お食事ももちろん美味しく、お酒に合うつまみが盛りだくさんです。豚の耳や顔を使用したミミガーやチラガー、ゴーヤチャンプルー、近海魚の刺身や海ブドウなどを酒の肴にゆっくり飲食を楽しむことができるでしょう。初めて沖縄を訪れた人はもちろん、沖縄旅行のベテランさんでも楽しめるのがこの民謡居酒屋です。
三線は、沖縄伝統の楽器で、三味線に似ています。三線ライブでは一般客が知っている曲を演奏してくれることが多いので、一緒に口ずさみながらライブを楽しめます。沖縄音階を聞くと、自然と癒されるので不思議ですよ。

ほろ酔い気分でカチャーシーに参加しよう!

沖縄居酒屋で飲んでいると、自然とお客さんが参加できる雰囲気になってきます。カラオケ居酒屋のように人前で歌うことはないものの、琉球太鼓や三板(サンバ)を持たされ、自然と拍子をとりながらライブに参加することもできるでしょう。
そして、最終的にはカチャーシーといって、みんなで踊ります。もちろん初めての方は訳も分からずびっくりしてしまいますが、その場の雰囲気に合わせて踊ってしまうのも楽しいですよ。
カチャーシーは、沖縄のお祝い事やお祭りの最後に必ず行われる踊りです。両手を顔の前方に挙げて左右に振りながら手首をくねらせます。沖縄の方なら誰でも知っている踊りです。楽しくなったら皆で踊ろう皆で仲良くなろうという沖縄文化を感じられます。沖縄の人たちに溶け込むようでうれしい気分になること間違いなしですよ。旅の思い出にもなりますね。